どれくらいの値打ちがあるだろう? (究竟有多少的價值呢)

僕が今生きてるこの世界に  (在我如今活著的這個世界裏)

全てが無意味だって思える  (所有的一切看來都像似毫無意義般地)

ちょっと疲れてんのかな? (已經感到有一點疲倦了吧)

 

手に入れたもんと引き換えにして  (把到手的東西 拿去換成別的東西)

切り捨てたいくつもの輝き  (就像捨棄了好幾個閃耀的光芒)

いちいち憂いでいれるほど  (被迫要一個一個去擔心著般地)

平和な世の中じゃないし  (是這樣不和平的一個世界)

 

いったいどんな理想を描いたらいい?  (究竟要去描繪甚麼樣的理想才好呢)

どんな希望を抱き進んだらいい?  (到底要朝著實現甚麼樣的希望向前呢)

答えようもないその問い掛けは  (連回答都不想 那樣的自疑自問)

日常に葬られていく   (被埋葬在日常生活裏)

 

君がいたらなんて言うかな?  (如果你在的話會和我說甚麼呢)

「暗い」と茶化して笑うのかな?  (你會取笑著我的悲觀吧)

そのやわらかな笑顔に触れて  (但要是能夠因為你那溫柔的笑容)

僕の憂鬱が吹き飛んだらいいのに  (把我心裏面的憂鬱給一掃而去那就好了...)

 

決して捕まえることの出来ない  (抉不可能抓得住)

花火のような光だとしたって  (就算是像煙火般的光芒)

 もう一回 もう一回 もう一回 もう一回  (再一次地再一次地 再一次地再一次地)

僕はこの手を伸ばしたい  (我也想要伸出那只手)

 

誰も皆 悲しみを抱いてる  (無論任誰也是懷抱著傷痛)

だけど素敵な明日を願っている  (但仍祈願著美好的明天而活)

臆病風に吹かれて  波風が立った世界を  (被相互猜忌懷疑的陣風吹襲  而掀起風浪的這世界裏)

どれだけ愛することができるだろう  (應該還可以這樣地去愛吧)

 

考えすぎで言葉に詰まる  (想得太多無法把話說出口)

自分の不器用さが嫌い  (討厭這樣沒用的自己)

でも妙に器用に立ち振る舞う  (但另一面卻可以好好地去面對)

自分がそれ以上に嫌い  (讓我更加地感到厭惡)

 

笑っていても泣いて過ごしても  (就算又哭又笑地過著)

平等に時は流れる  (也得去剪斷那一條黑線啊)  

未来が僕らを呼んでいる  (因為未來在呼喚著我們)

その声は今君にも聞こえていますか?  (現在的你也聽得到那聲音嗎)


さよならが迎えに来ること  (有一天分離會迎面而來)

最初から分かっていたとしたって  (就算在一開始時就知道)

もう一回 もう一回 もう一回 もう一回  (也想再一次地再一次地 再一次地再一次地)

何度でも君に会いたい  (無論多少次都想要見到你)

 

めぐり逢えたことでこんなに  (原來和你的邂逅相遇)

 世界が美しく見えるなんて  (會讓這世界看起來如此的美麗)

想像さえもしていない  単純だって笑うかい  (就連想像也不曾有過)

君に心から「ありがとう」を言うよ  (我想從心裏對你說聲謝謝)

 

滞らないように  揺れて流れて  (為了不會阻塞般地 搖晃流動著)

透き通っていく水のような心であれたら  (就像是清新透撤的水流過般   要是能保持這樣的一顆心就好了)

 

会いたくなった時の分まで  (就連想要見面時的心情)

寂しくなった時の分まで  (還有感到寂寞時的心情)

もう一回 もう一回 もう一回 もう一回  (再一次地再一次地 再一次地再一次地)

君を強く焼き付けたい  (讓我找到你倔強的堅強)

 

誰も皆問題を抱えている  (任誰心中也懷抱著疑問  無論任誰也是懷抱著傷痛)

だけど素敵な明日を願っている  (但仍祈願著美好的明天而活)

臆病風に吹かれて  (被相互猜忌懷疑的陣風吹襲)

波風が立った世界を  (而掀起風浪的這世界裏)

どれだけ愛することができるだろう  (應該還可以這樣地去愛吧)

もう一回 もう一回  (再一次地再一次地 再一次地再一次地)

もう一回 もう一回…  (再一次地再一次地 再一次地再一次地)

--

花火 

演唱: MR. Children

詞: 櫻井和壽

曲: 櫻井和壽

編曲: 小林武史&MR. Children

創作者介紹
創作者 pongpong 的頭像
pongpong

有你的將來

pongpong 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()